読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログカラキ

音楽や漫画が好きな週末ロードバイク(Cannondale)乗りのブログ。

ギター、ピロっと弾いちゃってる?ツインギタータッピングバンド-QOOLAND「毎日弾こうテレキャスターagain」-

先週TSUTAYAで借りてきたアルバム。QOOLANDというバンドの「毎日弾こうテレキャスターagain」です。again付きということはきっとagainが付かない作品もあるのかもしれませんが、生憎と店舗には置いていなかったのでagainです。 
毎日弾こうテレキャスターagain

毎日弾こうテレキャスターagain

 

 QOOLANDはボーカルギター、ギター、ベース、ドラムの日本の4人組バンド。彼らの特徴の1つ。ギターでのタッピングをとにかく多用するところです。1曲の中でどこかしらでやっています。テレキャスターでピロピロと。ギターに限らず演奏は上手いです。特にベースの何でもそつなくこなすように弾き倒す様は耳を向けてしまいます。声は割りと高めで耳につく感じは無く爽やかです。

 そして特徴がもう1つ。歌詞です。小説、漫画やアニメのキャラクターの心情に沿った歌詞世界が広がっております。その作品の世界観に寄せるというよりは、本流の物語の裏側ではきっとこういう風になっているだろうと想像して書かれている歌詞です。
今回借りたアルバムには、 白夜行ひぐらしの鳴く頃に、長門有希などを匂わせる言い回しがあります。また、あくまでこれらの作品に寄せた世界観の歌詞ですので、オタクっぽさは殆どありません。エッセンス程度に混ぜているので、「この歌詞はあの作品じゃないか」と予備知識無しで推測するのも面白いかもしれません。全曲がこのような歌詞ではありませんが。
 
しかしこのバンドに漂うやるせなさ、それでも何かしないといけない感じは、QomolangmaTomato(チョモランマトマト)を思い起こさせます。都会に住む青年のどこか冷めていながらもナイーブな様を描いているところとか。
 

 
余談ですが、このアルバムには歌詞カードにコードが載っているのでギター好きは毎日弾いてみてはいかがでしょう。