読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログカラキ

音楽や漫画が好きな週末ロードバイク(Cannondale)乗りのブログ。

好きなこと化する世界

kasakoblog.exblog.jp

以前から購読しているブログでこのような記事がありました。この書き手である、かさこさんのブログの書き方講座にも実は参加したことがあります。その話はまた折にふれて書こうと思います。

さて、上記の記事ですが、要は自分の好きな選択肢を選んだほうが後悔なく生きていける、ということです。

どうせ将来がどうなるかわからないのなら、
好きなものを選んで失敗した方がまだマシだ。
損得考えて、そんなに好きでもない仕事を選んだり、
資格を取ったり、結婚相手を選んだりしたところで、
それで計算が狂って失敗したらものすごく後悔するだろう。

 他人に言われて選んだもので失敗したら、その他人を恨む羽目になるだろうし、当然自分自身も後悔する。それならいっそ、自分自身で選んだほうが絶対に良い。仮にその選択が失敗だったとしても、自分で選んだのなら受け入れて、次からはここに気をつけようと反省もしやすいはず。成功すれば尚良し。

作詞家である秋元康氏の言葉でもこのようなものがあります。

止まっている時計は、日に2度合う。

 時計の針が止まっていたとしても、24時間の内2回はその針が正しい時刻を示す瞬間があります。時間の方からやってきてくれるからです。

物事の流行でも同じことが言えます。ある流行を追いかけていても、その針が常に自分の先を進み続けているので追いつくことは出来ません。しかし、目先の流行に囚われずに腰を据えて自分の好きなことに専念していると、今度は時間の方からやってきてくれるのです。

流行なんて所詮一時のものですし、これから先どのようなものが流行るのか、少なくとも私にはわかりません。周りがどうあろうとも、自分が熱中できるものを見つけて没頭することも幸福のかたちの一つかと思います。