読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログカラキ

音楽や漫画が好きな週末ロードバイク(Cannondale)乗りのブログ。

北海道で夏フェス観た話-前編-

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZOなる祭りへ行ってまいりました。

初日の感想。

レッドスターフィールドの向きが変わっていた。去年はもう少し通路側に向いていたけど、今回はもう少し角度がきつくなり、近くの出店やレッドスターカフェとほぼ対面する形になっていた。後は大体去年通り。写真撮り忘れたけどレインボーシャングリラの入り口に虹をモチーフにした感じのオブジェというか装飾がなされていた。

一番最初に観たサニーデイ・サービスはベースの音がCDで聞いた通りだったな。ぶっといプレベの音でベンベン鳴らす感じが好きなのだ。そして曽我部恵一やっぱり歌上手いなーとビール片手に遠目で眺めていた。その後はデフガレージに移動して赤い公演。前に東京キネマ倶楽部で観た時より若干ジャンク目な音だったけど、勢いがあって良かった。そこから友人と別れて単独でテレフォンズを観にレインボーシャングリラへ。開演の15分前くらいについたのだけど、テント内に入りきらない程人が集まっていた。やっぱり活動休止効果もあるのだろうかなんて考えつつ、これは正直レッドスターフィールドでも良かったのでは?と思う。毎年思っているけど会場のキャパにあってないアーティストがちょくちょくいる気がする。まぁブッキングの調整の結果とか出演者側の都合とか色々大人な事情があるのかもしれないけど。どれだけ入るかなんて結局開演する時間まで分からないし。

話が逸れました。ライブは安定した演奏とキーボードのノブ氏の破天荒なパフォーマンスの差が目を引く素晴らしいものでした。その後屋台でケバブなどを摘みつつ、LITE待機。それと同時に雨が降ってくる。レインボーシャングリラがテントで良かった。LITEはフックの多い楽曲を切れのある鋭い演奏で見事に再現していた。残念なのは客の入りくらいか。はっきり言って先ほどのテレフォンズをの半分も入っていなかったと記憶している。本人たちもMCで「雨宿り大歓迎だよ」「僕達はこれを恵みの雨と呼ぶよ」と言っていた。明後日にはイギリスとかフランスへライブしに行くらしい。

ここで足が痛くなってきたので一旦テントへ戻る…前にヒロスエの旦那(キャンドル・ジュン)の創造する森タイラクルへ足を踏み入れる。思いの外奥行きがあるな以外の感想は特にございません。ライブステージもあってけど自分達が入った時は特に何もやっていなかったし。落ち着いているといえば落ち着いている空間だった。これキャンドル倒れたらヤバくね?とか言ってたと思います。

テントでの休憩中、envyと安藤裕子が交じり合って聴こえていました。対極にあるものに挟まれるのは割と笑えてくるもんですね。

休憩後はサンステージでアジカンことASIAN KUNG-FU GENERATIONを観る。冒頭のセッションからセンスレスに入るさまがとても格好良かった。その後は君という花、ソラニン、君の街までとシングル連発。本当は全部観たかったけど、途中で抜けて夜の本気ダンスへ向かう。前にブログでも書いたけど、楽しみにしている新人バンドの1つである。アジカンの裏にも関わらず、既に会場は人で埋まっていた。本番が始まってからも客のテンションがその日観たどのステージよりも高かった。文字通り本気ダンスしてた。僕も僕なりにした。

キャンパーズはレベッカとフライデーナイトセッション。レベッカはバンド形態では無くEDMによるもの。ボーカルがまぁ回る回る。文字通りの意味で回っていた。

フライデーナイトセッションはホストバンドのSCOOBIE DO+キーボード(GRAPEVINEの高野氏!)+ホーン隊+コーラス隊による大所帯の編成。UNCHAINやらレキシやら永積タカシやらROYやら福原美穂やらつのだ☆ひろやらゲストボーカルを招いての演奏。ミラーボールも回って派手なステージだった。終了あたりで足腰の痛みが丁度限界に達した。テントに帰り即就寝。

後編へ続く。